食卓とグルコサミン | サプリを比較して、いちばん良いグルコサミンを選ぼう

サプリを比較して、いちばん良いグルコサミンを選ぼう

いつもとは違う私に

食卓とグルコサミン

食材の中に

「土用の丑の日」に食べるうなぎの蒲焼。夏バテに効く、甘いタレが印象的な美味しいひと品だ。野菜と一緒にかき揚げにした、カラ付きの小エビ。カリカリサクサクした、香ばしい食感が魅力的。
秋は深みのある香りと味わいで箸が進むキノコご飯。ちょっと豪勢に、まろやかなとろみと舌ざわりが魅力のフカヒレスープ。
いやいや、ホカホカの白ご飯に、納豆をかけて食べるのが実は何よりのごちそう……。
こう書いていくと、いかに僕らが「食」というものに恵まれているか分かるけれど、上に挙げたメニューは偶然にもすべてグルコサミンを含んだ食材を使っている。
グルコサミンは、うなぎやエビのカラ、キノコ、フカヒレ、そして納豆など、さまざまな食材の中に存在していて、実は僕らは日常的に、グルコサミンを「食べている」ということになるんだ。

食事とサプリ

ただし、ここでは「比較する目」を忘れてはいけない。何の比較かというと、「食事とサプリ」の比較。
つまり、食事で摂るほうがいいのか、サプリで摂るほうがいいのか……どちらが効率的にグルコサミンを摂取するのに向いているのかということを、考えてみる必要があるということなんだ。
ここでは、小難しいことは書くのはやめて、結果からズバッと書こう。簡単に言えば、より向いている方法は「サプリで摂る」のほうだ。
2つの方法を比較してみると、サプリという形で摂取するほうが、必要な量のグルコサミンをダイレクトに身体に入れるには良い方法だということが分かるんだ。